2010年03月08日

男性警視が焼身自殺か=車に灯油、中から遺体−奈良県警(時事通信)

 1日午前6時10分ごろ、奈良市大安寺町のスーパー銭湯「極楽湯」の駐車場で普通乗用車が燃えているのを、男性客が発見し、119番した。火は10分後に消し止められたが、車は全焼。運転席から男性の遺体が見つかった。奈良県警によると、車は県警の男性警視(55)の家族が所有、警視と連絡が取れなくなっていることから、遺体はこの警視の可能性が高いとみて、身元の確認を急ぐ。
 県警によると、遺体は運転席のシートに座った状態で見つかり、全身が激しく焼けていた。車内に灯油がまかれた跡があり、焼身自殺を図ったとみられるという。 

【関連ニュース】
焼け跡から遺体、知人男か=夫婦大やけどの放火事件
知人男が放火か、民家全焼=夫重体、妻も重傷
中3生ら連携し、女児2人救出=民家火災、下校途中に
義姉刺殺、放火して逃走=同居の43歳男、殺人容疑で逮捕
高齢夫妻か2人死亡=旭川で民家火災

<小林氏陣営違法献金>北教組幹部ら4人逮捕 札幌地検(毎日新聞)
女性飛行士と宇宙生活 山崎直子さん、来月5日に初飛行(産経新聞)
予算案が2日夜に衆院通過=年度内成立へ−「政治とカネ」、なお焦点(時事通信)
会計担当、資金一手に管理=小林氏陣営、外部のチェック入らず―政党支部や後援会も(時事通信)
同乗者3人、不起訴で検討=運転手は起訴へ、名古屋ひき逃げ−地検(時事通信)
posted by イヌヅカ マサミ at 18:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

<琵琶湖文化館>休館中なのに寺社から寄託相次ぐ 仏像盗難防止も(毎日新聞)

 ◇文化財の流出防止…高齢住職から切望の声

 財政難を理由に08年4月から休館中の県立琵琶湖文化館(大津市)に寺社などから文化財の寄託が相次いでいる。休館後も石山寺(同市)や金剛輪寺(愛荘町)が古文書などを寄託し、収蔵数は7600点を超えた。仏像などの盗難が頻発する中、高齢化が進む寺の住職からは「これからも安心して預けられる場所を」と切望する声が上がっている。【安部拓輝】

 県文化財保護課によると、琵琶湖文化館には国宝18点をはじめ、国の重要文化財(重文)も187点あり、収蔵数は全国6位。近畿では京都国立博物館、奈良国立博物館、大阪市立美術館に次ぐ規模だが、税収不足に悩む県は08年度から休館とし、人件費などの年間経費約5000万円を抑えている。

 休館前に5057点(08年3月末)だった収蔵数は、09年3月末には5069点に増加。同年12月には金剛輪寺がお経や古文書など2624点を寄託し、7695点となった(1月末現在)。同寺の浜中光礼住職(70)は「これまで土蔵に保管してきたが、紙の保存は難しい。虫干しやこまめな湿度管理をしてもらえるのはありがたい」と言う。自前の収蔵庫を持つ石山寺も昨年末、国宝1点と重文1点を寄託した。鷲尾遍隆座主(63)は「寺の宝物を預けるのは勇気がいるが、文化館のニーズを示すことで滋賀の文化財の県外流出を防ぎたい」と話す。

 近年相次いでいる仏像盗難に危機感を抱く寺社も多い。国宝15点と重文10点を同館に寄託している聖衆来迎寺(大津市)の山中忍恭住職(71)は「寺は門を広げておくところで、物騒なことは想定していない。寺の人間も高齢化し、安心して預けられる場所は今後さらに必要になる」と話す。同館には「盗まれると思うと恐ろしくて遠出もできなかった」という寄託者の声も寄せられているという。

 同館は1961年設立。周辺の道路環境が変わり、収蔵品を出し入れするトラックをとめる場所がないなど「展示活動に制約がある」(文化財保護課)という。末松史彦教育長は「県内に歴史博物館は不可欠。代替地を含め2年後までには方針を出したい」と話している。

【関連ニュース】
<仏像の話題>「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気
<仏像盗難事件>仏像窃盗:元住職に求刑 /奈良
<仏像盗難事件>福岡・重文観音像窃盗:初公判 起訴内容認める /福岡
新潟市美術館:かびの次は虫、展示室でクモなど大発生

北教組幹部逮捕 民主・小林議員「非常に残念」 (産経新聞)
クラクションに立腹、暴行死させた男を逮捕(産経新聞)
諫早湾開門、白紙で議論を=鳩山首相(時事通信)
太陽電池用素材で5億円脱税=会長ら3人逮捕−甲府地検(時事通信)
大津波・津波警報 岩手県・久慈港で90センチ観測(毎日新聞)
posted by イヌヅカ マサミ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

自民・舛添氏「翻訳で行き違い」 谷垣総裁進退言及で釈明(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は3日午前、国会内で谷川秀善参院幹事長と面会し、今月1日の講演で谷垣禎一総裁の進退に言及した問題について「英語で話したので翻訳で行き違いがあったと思う。非常に遺憾だが、問題はない」と釈明した。谷川氏は「発言には注意した方がいい」と忠告した。

 舛添氏は「自民党の議員として何らぶれていない」とも述べており、谷川氏は会見で「舛添氏は新党を作って飛び出すとは考えていない」と述べた。

 舛添氏は1日の講演で同党の政党支持率の低迷を踏まえて「党内の賢明な政治家が、谷垣総裁に辞任を促す方向に行くだろう」と述べていた。

【関連記事】
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判
自民・舛添氏「総裁辞任で改革進む」 “谷垣おろし”宣言?
次期首相「トップは舛添氏」 産経・FNN合同世論調査
自民党「新生」のカギは谷垣総裁自身
舛添氏、自民に必要なのは「独裁的指導者」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<警察庁>安藤長官が3月訪韓(毎日新聞)
カールマーン・イムレ
山本病院事件で急死した医師、逮捕時から不調 前日に急性腎不全(産経新聞)
石井議員のチベット発言、島根知事「県民に失礼」(読売新聞)
皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」(産経新聞)
posted by イヌヅカ マサミ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。