2010年04月17日

水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)

 水俣病未認定患者を救済するため、政府は16日、昨年7月に成立した水俣病被害者救済法に基づく「救済措置の方針」を閣議決定した。

 訴訟外で救済を求めていた被害者を対象に、一定基準を満たせば210万円の一時金などを支給する救済策の詳細を定めた。訴訟による解決を求めた被害者団体が先月、同様の条件で国などとの和解に合意しており、全面解決に向けた救済措置と和解の二つの枠組みが決定した。政府は5月1日から、熊本、鹿児島、新潟の3県で救済申請を受け付ける予定。

 救済されるのは、熊本、鹿児島県の水俣湾や、新潟県の阿賀野川の周辺地域に居住し、工場排水に含まれたメチル水銀に汚染された魚介類を多食し、手や足先などに感覚障害がある人。環境省では、対象者は3万人を超える可能性があるとしている。

 救済希望者は申請後、3県が指定する公的医療機関で受診。3県に設置される判定検討会で対象となるかどうか判断する。

 訴訟外で救済措置の受け入れを表明した熊本、鹿児島両県の三つの被害者団体には、原因企業のチッソが、これまでの活動経費や胎児性水俣病患者の支援施設整備費などとして計31億5000万円の団体加算金を支払う。両県分の一時金はチッソが、新潟県分の一時金は原因企業の昭和電工が、それぞれ負担する。チッソは過去の補償債務などで債務超過に陥っており、国や熊本県が支援する。

強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う−千葉地裁(時事通信)
<村本さん銃撃>「あの笑顔で帰れず残念」妻の恵美子さん(毎日新聞)
【関西あれこれ アニバーサリー】虹のまち 開業40年(産経新聞)
鳩山首相 「さくらの女王」ら表敬(毎日新聞)
首相動静(4月15日)(時事通信)
posted by イヌヅカ マサミ at 06:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)

 うその人事情報を部内の職員に伝え、「つてを使って異動を回避させる」との名目で現金100万円を受け取ったとして、厚生労働省は13日、同省統計情報部企画課統計企画調整室の柳澤公彦室長(56)を停職3カ月の懲戒処分にした。元室長は同日付で依願退職した。

 厚労省によると、元室長は先月16日、部内の別の課の男性職員(55)に対し「4月から地方勤務になる」とうその人事情報を伝え、翌日、同省近くの喫茶店で現金を受け取った。今月7日、被害男性が同僚に相談、発覚した。2人は上司と部下の関係ではないが、30年来の付き合いがあった。元室長は以前、人事の担当をしていたことがあり、被害男性も信じ込んだという。現金は全額返済された。

 厚労省の調べに、元室長は「急な金が必要だった。非常に反省している」と説明、詳しい使途の説明は拒んでいるという。【佐々木洋】

iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)
落語家はやし家林蔵氏死去(時事通信)
仕分け第2弾、ネット生中継は1万人限定?(読売新聞)
<山田杉並区長>「勝負は来年の統一選」 新党結成で述べる(毎日新聞)
09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)
posted by イヌヅカ マサミ at 19:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

「真実の声に耳傾けず」=裁判長、立ち上がり謝罪−涙ぬぐう菅家さん・足利事件再審(時事通信)

 「真実の声に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり自由を奪う結果となった」。3人の裁判官が立ち上がり深々と頭を下げた。菅家さんは裁判長のひと言ひと言をかみしめるように、正面を見据えたまま、じっと聞き入った。
 午前10時すぎ、宇都宮地裁206号法廷。菅家さんはグレーのスーツにピンクのネクタイ姿。やや緊張した表情で主任弁護人の隣に座り「ふーっ」と大きく息を吐いた。
 「菅家さん、証言台の前にお進み下さい」。裁判長が声を掛ける。直立する菅家さん。裁判長と顔を合わせ、お互いにおじぎした。「菅家利和氏に対する殺人などの事件の再審公判における判決を宣告します」。裁判長が静かに述べる。
 一瞬の沈黙。「主文、被告人は無罪」。ざわめく法廷の中、菅家さんは裁判長に深く頭を下げると、証言台のいすに戻り、判決理由に耳を傾けた。
 約50分続いた判決の読み上げを終え、最後に裁判長がゆっくりと口を開いた。「通常は適当な訓戒を述べるところだが、今回は自戒の意味を込めて謝罪させていただきます」。異例の言葉に、菅家さんは弁護士の1人と目を合わせ、肩に力を込めた。「菅家さんの真実の声に耳を傾けなかった」。「誠に申し訳なく思う」。求め続けて来た謝罪の言葉が続く。
 最後に、裁判長が「今後の菅家さんの人生が幸多きこととなるよう祈っています」と声を掛けられると、菅家さんは顔を紅潮させ、2度頭を下げた。
 判決に先立ち、「裁判所にも謝ってほしい」と述べていた菅家さん。閉廷後、傍聴していた支援者に肩を抱きかかえられ、あふれる涙を小さな手でぬぐった。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕喜びの菅家さん、無罪が確定=足利事件
〔写真ニュース〕万歳する菅家さん=足利事件
〔写真ニュース〕無罪判決を受けた菅家さん=足利事件
〔写真ニュース〕菅家さんに無罪判決=足利事件
〔写真ニュース〕菅家さんと西巻さん=足利事件

平成の大合併に幕=改正特例法が成立(時事通信)
<学生将棋選手権>早稲田大Aが優勝…団体戦(毎日新聞)
<新聞協会>78紙が同じ広告を一斉掲載(毎日新聞)
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏(産経新聞)
<業過致死容疑>当直医書類送検 適切処置せず死亡 警視庁(毎日新聞)
posted by イヌヅカ マサミ at 03:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。