2010年01月19日

出納責任者に懲役1年6月求刑=民主後藤氏陣営の選挙違反事件−熊本地裁(時事通信)

 衆院選で熊本3区から出馬し、比例復活当選した民主党の後藤英友氏陣営の選挙違反事件で、公選法違反(日当買収)の罪に問われた出納責任者、井上広世被告(42)の公判が15日、熊本地裁(野島秀夫裁判長)であり、検察側は懲役1年6月を求刑した。
 井上被告は「報酬などの受け渡しは一切していない」と、無罪を主張している。
 出納責任者に罰金以上の刑が確定すると、連座制が適用され、議員の当選が無効となる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
小中学校「土曜の授業」OK…東京都が指針(読売新聞)
金魚の初市 色鮮やかな58万匹が競りに 愛知県弥富市で(毎日新聞)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
小沢氏の参考人招致要求へ=志位氏(時事通信)
posted by イヌヅカ マサミ at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。